低料金のそのわけ

まず、保護者のみなさまにぜひ知っていただきたいことがあります。

森戸塾では中3でかかる年間費用が大手学習塾のおよそ半分です。

したがって、その差額で中1のときから通うことができます。

3年間をかけて積み上げた学力は、受験直前の1年で、間に合わせで身につけた学力よりもはるかに勝ります。

それが森戸塾が入試に圧倒的に強い理由なのです。

それでは、低料金のそのわけをご説明いたします。

【中1・中2】

夏期講習や冬期講習はありません。

部活の練習や試合がいそがしくなる長期の休み中に、クタクタになった中学生を、連日塾に通わせても、ほとんど学習効果は期待できません。

また、中1・2の講習は、次の学期の予習がおもな内容ですが、いずれ、もう一度学習する内容を、わざわざ別料金を払って学習する必要はありません。

このように、中1・2の季節講習は、単に塾側の「利益」のみを目的としたものです。

したがって、生徒や保護者にとっては、中3以外の季節講習は、ハッキリ言って時間とお金のムダです。

 

無駄な模擬テストはおこないません。

いまや、模擬テストは「塾の利益目的」でおこなわれていることがほとんどです。

業者主催の模擬テストや各種検定試験おこなうことによって、塾に「会場費」という名の「手数料」が入ります。

少子化による授業料収入の減少を補うために、この「手数料」が目的で、生徒にやたらと模擬試験や検定試験を受けさせる塾もあります。

森戸塾は、無駄な模擬テストを何回も受験させて、テスト代で利益を稼ぐようなことはいたしません。

 

【中3】

春からの「いきなり料金アップ」はありません。

中3というだけで、春からいきなり料金が上がる塾も数多くあります。

「受験学年だからお金がかかっても仕方がない」

このような保護者様の心理につけ込んだ、根拠のない料金アップです。

森戸塾では、料金が変わるのは本格的な受験対策がはじまる秋以降です。

 

オプション講座による追加料金はありません。

オプション講座とは言っても、大手学習塾では受講はほぼ強制。

塾側の言う、学力を上げるためには、たくさんの授業を受けなければならないというのは、大きなウソです。

授業の数ばかりを増やしても、結局は消化不良を起こすだけです。

森戸塾は「完全ノーオプション」で、塾生全員を志望校合格に導きます。

 

塾側の都合による特別講座はおこないません。

入試の直前でもないのに「日曜講座」。

長期間の夏期講習もあるのに「お盆特訓」。

長時間の冬期講習もあるのに「正月特訓」。

これらはすべて、生徒の「成績」を伸ばすためのものではありません。

「売り上げ」を伸ばしたいという塾側の都合によるものです。

当然、森戸塾ではそのような講座はいっさいおこないません。

最低限の授業で合格に導くのが当塾のポリシーです。

 

利益目的で模擬テストの回数を増やしません。

いくら受験生といっても、ほぼ毎月の模擬テストは回数が多すぎます。

必要最低限のテストのみを実施して、利益目的で模擬テストの回数を増やすことはしません。

 

入試直前の集中授業を無料にて実施。

入試の直前は、受験生も保護者も不安のピーク。

大手学習塾はそこにつけこみ、最後に取れるだけ取ろうと考えます。

しかし、森戸塾では入試直前の集中授業(7日間・30,000円相当)を無料にて実施します。

それまでがんばってきた受験生と、それを支えてきた保護者様に対する敬意。

数ある学習塾の中から森戸塾を選んでくれたことに対する感謝。

この「敬意」と「感謝」の気持ちをこめて、最後の集中授業で塾生全員を合格に導きます。

 

より質の高い指導をもっと安い料金で!

森戸塾が開塾以来、一貫してつらぬいてきたポリシーです。

これからも足利のご家庭に、質の高いサービスを低料金でお届けできるよう、努力を重ねてまいります。